SPICEスパイスの力

カレーが花粉症に効くんです!!

カレーが花粉症に効くとは!民間伝承や都市伝説の類いかと思いきや、日本薬科大の学長まで勧めてます。
当方は花粉症ではありませんけれど、カレーは大好きで週に一度は辛口のを食べています。それが花粉症になるのを防いでいるのかどうか知りませんが、苦しんでいる方はお試しあれ。(以下、WSJ日本版より)

花粉・黄砂・PM2.5対策にカレーはいかがですか?
カレーが花粉症対策として効果があるという。最近では黄砂や微小粒子状物質PM2.5などの飛散が問題視されているが、アレルギー体質の人にとっては試してみる価値はありそうだ。
日本気象協会によると、3月1日から10日までの東京の最高気温を平均すると、統計を開始した1876年以来、過去138年間で最も暖かかった。今年の花粉量は昨年の約3倍と予想されるが、気温が高い分、花粉シーズンのピークも例年より1週間ほど早い今週末となりそうだ。
「花粉症にはカレーが効果的」と話すのは日本薬科大学学長で漢方専門医の丁宗鐵(てい・むねてつ)氏だ。アレルギー体質には刺激が強すぎるとの見方もできるが、市販のカレーのルーにはコショウやクローブ、シナモンといった抗アレルギーのスパイスが15-30種類使われており、こうしたスパイスが体の免疫調整機能を高める。

注意しなければならないのは、極端な辛さは刺激が強すぎて「意味がない」と丁氏は話す。また、冷たい水を飲みながらだと身体を冷やすので逆効果という。タイミングとしては、交感神経が活動する前の朝に食べるのが効果的のようだ。最近聞く「朝カレー」だ。

レシピ専門サイトのクックパッドではカレー関連が実に4万5000件超。フェースブック「東京カレーニュース」でもみられるように、カレーは今や世界各国の料理との融合で様々なメニューに「進化」しているが、花粉症に効果があるとは知らなかった。花粉のほか黄砂やPM2.5にも「試してみる価値はある」と丁氏は話している。

カレーはダイエット効果にも最適なんです!!

朝カレーの先駆者といったら、メジャーリーガーのイチロー選手。
毎日朝食にカレーを食べていたのは有名な話ですよね。その後メニューは、カレーからそうめんと食パンに変わったようで、現在では朝カレーは食べていないとか。

一方、同じく朝カレーを取り入れ、14キロものダイエットに成功という人物がいます。それは、第二次安倍内閣の菅(すが)内閣官房長官。メディアで取り上げられたので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

菅官房長官は奥様お手製のスープカレーを朝食に食べ、ウォーキングも並行して行ったとのこと。あまりのやせぶりに事情を知らない周囲は、病気を心配したという話もありました。

カレーは基本的に高カロリーになりがちなメニューではありますが、うまく取り入れることでダイエット効果が期待できます。その秘訣は、食べる時間とスパイスにあります。

カレーの本場であるインドではもちろんのこと、日本でも市販のカレールーには様々な種類のスパイスが使われています。日本のカレールーで一般的によく使われるものと、その作用をご紹介します。

ガラムマサラ

インド料理でよく使われるミックススパイスで、基本はシナモン、クローブ、ナツメグの3つです。発汗、解熱、鎮痛、抗菌作用、胃腸の調子を整える、食欲改善、体を温めるなどの作用があります。

クミン(クミンシード)

カレーの特徴的な香りの元となっているのがクミンです。ガラムマサラに使われることも多いです。胃腸の調子を整える、消化促進などのはたらきがあります。インドでは下痢や腹痛の治療薬として使われてきました。

ターメリック(ウコン)

カレーの黄色の元がターメリックです。日本ではウコンと呼ばれています。お酒の悪酔いを防ぐドリンクやサプリメントにもよく使われているように、肝臓に働きかける力を持っています。インドでは傷薬や炎症を抑える薬として使われてきました。抗酸化、血行促進、代謝の活性化する働きがあると言われています。

コリアンダー

東南アジアではコリアンダーの葉(パクチー/香菜)が多用されますが、カレーでは種を粉にしたものを使います。消化を助ける、腸内のガスを減らす、食欲増進、発汗などのはたらきが知られています。

唐辛子

辛みの元となっているのが唐辛子です。
ダイエットに効果のある成分としてカプサイシンが有名です。胃腸の働きを整える、血行促進、代謝の活性化、発汗作用などのはたらきがあります。

成人病対策はカレーでいいんです!!

私たちの生活は昔に比べて楽になってきていて、不自由なく食べるものも手に入りますし、何をするにも苦労が少なく、色々なことが楽にできるようになってきました。

簡単だからとファストフードやジャンクフードを日々食べ、運動もろくにせずに車でいつも移動…なんて甘えた生活が増え、今は若くとも糖尿病などの生活習慣病にかかる人も増えています。

そのため、今の世代は将来的に短命になってしまう可能性も大なのです。そこで、健康を気にして色々なサプリメントを飲んでみたりと努力される方も多いかも知れません。

でも、実はもっと身近に-台所のスパイスの棚や冷蔵庫に隠れているものが、貴女の寿命を延ばしてくれるものだったりするのです!サプリメントや薬を飲む前に、まずは貴女の台所、探ってみませんか?

1. 黒こしょう

とても身近なスパイスで、料理に大活躍の黒こしょうは、女性がなりやすい病気、骨粗しょう症に効果があるといわれています。黒こしょうは銅が多く含まれており、骨の健康維持に絶大な効果を発揮し、さらには赤血球を作るのに役立つのです。
人間に銅はそれほど多く必要としませんが、少ないと甲状腺に問題が出たり、心臓の鼓動が不規則になったりといった症状が出るので、不足にならないように注意する必要があります。
なお、黒こしょうはすでに挽かれているものではなく、丸のままのものを自分で挽いて、新鮮なものを利用するのがお勧めです。

2. ターメリック

ターメリック、日本名でうこんと呼ばれるスパイスは、カレーのあの黄色を生み出していることで知られるスパイスです。ターメリックに含まれるクルクミンという成分は、なんと、がんと戦う能力があるという研究結果があるのです。
クルクミンは抗炎症効果があるのですが、それががんの成長をさまたげ、更には転移をストップさせるというのです。それは特に乳がんや前立腺がんに効果的と言われています。
しかもターメリックは黒こしょうとあわせて使うとその効果を2000%あげてくれるといいます。是非今日から予防として料理に取り入れてみましょう。

3. シナモン

アップルパイなど、お菓子の風味付けに使用されるシナモンは、第2型糖尿病の血糖を10%程度まで落としてくれる効果があると言われています。スープに風味付けで入れてみたり、シリアルに振りかけてみたり、コーヒーに一振りするなどして、毎日少し取り入れて見ましょう。

4. クローブ

肉の臭み消しに使われることが多いクローブは、歯痛や胃腸の消化機能を向上させてくれる効果が知られています。更にはクローブに含まれるオイゲノールという成分はインシュリンを作り出すのを活発にし、血糖値を正常にしてくれる働きがあるのです。
また、クローブに含まれるマンガンは、身体の組織や骨を作り出す助けをしてくれます。従いまして、マンガンが少ないと関節症になりやすくなります。肉料理やスープ、焼き菓子に使ったり、紅茶にちょっとだけ入れてみるなどして取り入れてみましょう。

5. しょうが

しょうがは身体を温めたりする効果があったり、頭痛を抑える効果があったりと、色々な健康効果があります。更にはしょうがはマグネシウムを含んでいて、血圧を安定してくれる効果があるのです。
炎症を抑える効果もあり、がん、糖尿病、心臓病にも効果が期待できます。がん細胞を消し去ったと言う研究結果もあるくらいです。しょうがは薬味として色々な料理に使えますので、是非活用しましょう。

6. コリアンダー

ちょっと癖のあるハーブであるコリアンダーは、その香りの高さから苦手な方も結構いらっしゃいますが、安眠を助ける効果があることでも知られています。
また、第2型糖尿病の方にも有効で、血糖値とコレステロールを正常にしてくれる働きもあります。コリアンダーのパウダーも売っていますので、それをスープやサラダドレッシングにかけてみたりするのもお勧めです。
いかがでしょうか?まだ成人病を患っていない方は対策として、患ってしまっている方は病院の治療にあわせて、このようなスパイスを取り入れてみましょう。健康な生活は食生活からです。毎日口にするものからも健康管理をしてみましょう。(以上、女性の美学より)

トップへ戻る